最近では、いろいろな高学歴有名人がクイズ番組などで、その頭脳を発揮されています。

そんな中、ロザンの宇治原史規さんの合格法に視点を置き、有名大学や医学部を受験される方々の参考にしてもらいたいと思います。

 

ロザン宇治原さんの合格法

 

毎日のスケジュールを作り、その通りに行動する。

例)7時    起床

8-12時  勉強

12-13時  昼食

13-18時  勉強

18-21時  テレビ

21-23時  勉強          合計11時間

 

試験前日は今まで勉強したノートの表だけを見ます。

→中を見てしまうと忘れている事が出てきたりし、不安になってしまうからです。

 

試験当日はいつもと違うことはしないようにします。

 

集中力を3時間続けようとしても、結局は1時間ほどしか続かない事が多々あります。

もし、30分しか続かないなら、30分以内で出来ることをやればいいわけです。

もし、30分でその内容が全て出来なかったら、一旦あきらめます。

もし、15分しか続かないのであれば、15分で出来る分量にやることを分けるのです。

もしも、1分しか続かないなら、1分で出来ることを積み重ねます。

 

その他、興味深い勉強法が、宇治原さんの相方の菅広文さんが書かれた「京大芸人」に記載されています。ロザン宇治原さんが京大受験を経て、お笑い芸人になるまでを小説にされています。

医学部受験を目指している方、予備校や塾、家庭教師選びで迷っている方はこちらのサイトがオススメです。